FC2ブログ

ないものねだり

日記
06 /28 2017
社会人になってそろそろ三ヶ月になります。
三ヶ月の試用期間を経ていよいよ正式雇用となりますが、
すでに会社の先輩に
「君、正式雇用されんのやろ?」

という、謎のいじりを受けています。
その話になるたび
「え?なんすか?パワハラっすか?」
と返しています。

この三ヶ月間は基本的に毎日研修で、会社の主力製品を実際に合成して、性能分析などをしていました。
同じ有機合成とはいえ、会社と大学では様々な面で異なります。
例えば、精製
学生時代は生理活性物質の構造活性相関研究をやっていたので、
いわゆる有機合成を行い、一合成ごとカラムで精製していました。

会社では、(高分子を扱っていることもあるので)基本的に精製はしません。
強いて言えば、セライトや活性白土を用いた吸着が精製みたいなものになります。
それもほとんどの製品ではしません。

必然的に最終産物は単一の分子になりません。
驚いたのは、未反応物こみで製品としていること。

例えば、アルコールとカルボン酸のエステル化反応で、
アルコール過剰にして、あえて「エステル+残存アルコール」という反応物になるように設計しています。
これを製品として出荷しているわけです。

学生時代は生理活性物質を扱っていたのでなかなかそのギャップに慣れません。
生理活性物質を扱う際は、その単一分子が与える影響を知りたいので
純度は最低でも99%を確保します。



また、企業である以上、金を稼がなければならないので、
基本的に開発部の行うことは、
顧客の求める製品を開発(ニーズ開発)することになります。

なので、ある意味、性能さえ出ればそれに到達する理屈、理論はどうでもいいことになります。

面白い知見を基にした製品開発(シーズ開発)も無いにはないですが、
全体の割合としては極少数です。

私は、理屈理論先行型の人間なので、なかなかニーズ開発というものになれる事が難しそうです。
そういう点では、大学の研究というのは、
この世の真理を解明するというのが目的なので非常に楽しい環境であったな、と思うわけです。







アカデミックに戻りてぇ
でも、金欲しい(本音)
スポンサーサイト

研究室時代を経て得たもの

日記
05 /16 2017
私の会社では、植物油脂を扱っています。
植物油脂を原料に、けん化やらエステル交換やら水添やらで化成品を作るのが私の仕事になります。

ただ、油脂についての知識はあまりなく、学生の時に少し栄養化学や生化学的で学んだ程度の知識しかもっていません。
更に、これらの科目は暗記科目と思っていたので、あまり得意ではありません。

そうはいってもこれから長い間付き合うことになるので、一般的な性質やらを勉強しようと思っているのですが、
なかなかどうして実に入らない。
研究室時代での研究が楽しすぎて、既知のことを頭につめていくという作業がどうも苦手です。
そうこうしているうちに、あまり本筋とは関係ない植物油脂中の脂肪酸組成が異なるのは何故かを調べる始末…。

というわけで、脂肪酸組成が異なるということは、生合成か代謝に関する酵素が欠失、または、挿入されているのではないかと考え、現在、油脂の生合成と代謝を復習しています。

久々に生化学の教科書をめくると、学部生時代では絶対思わない着眼点で物事を見ることが出来ていることに気付きます。
例えば、脂肪酸の生合成は一般的に
「アセチルCoA→マロニルCoA→マロニルACP→アセトアセチルACP→→→アシルACP→→脂肪酸」
といった形で進行していきます。

当時は、「アセチルCoA」、「マロニルACP」と単語で生合成経路で覚えていましたが、
現在の視点では、それぞれ個別の化合物として認識しています。
アセチルCoAのCoAは、補酵素A(Coenzyme A)をあらわしており、言ってしまえばただの化合物であるCoAにアセチル基がくっついているだけです。
一方でACPはアシルキャリヤータンパクで、タンパク質を基にリンカーを介してマロニル基がついたものになります。

こう考えると、マロニルCoAからマロニルACPの段階で、かなり反応分子が大きくなっていることが分かります。
マロニルACPと、その後の生合成に関わってくる酵素の高次構造を調べていないのでわかりませんが、
生合成酵素との親和性、特異性をあげるために、わざわざタンパク上で反応させているのでしょうか?
それか、タンパク上に保持することで取り回ししやすくしているのでしょうか?
非常に気になります。

このように、かつては暗記科目だと思っていた生化学も、
注意深く勉強していると意外な一面が見えてくるということが分かりました。

読書感想文の意義

思想
04 /22 2017
最近は、車の運転にも慣れて、無事社会人として生きていくことができています。

さて、小学校や中学校で一度は経験したであろう、読書感想文。
何故こんなものをやる必要があるのかと思った方も多いはずです。

こちらのサイトでは、読書感想文の意義について
①読書感想文を書くことによって文章力がつく
②このことをきっかけに本をたくさん読んでほしい
③本を読んでもっとたくさんいろいろな知識をつけてほしい
の3点を主にあげています。

たしかに、それらの側面もあるかと思いますが
私としては読書感想文は、
筆者の意見を理解するための重要なトレーニングの機会だと思っています。



勉強、研究、仕事、スポーツ、あらゆる分野においていえることだと思いますが、
座学などのインプットにいくら時間を割いても、実際に問題を解いたりすることはできません。
必ず、自分で実際に問題を解いてみる、やってみる、などのアウトプットが必要となります。

受験勉強などでよくある間違いが、
教科書を読むだけ、または、解答について「分かった」と思っただけで
勉強したと思っているパターン。

しかし、解答を見て「分かった」はずなのに、いざ、問題を解いてみようとすると、
これが、なかなか解答を書けない。
この原因はアウトプットが足りないことに起因します。
すなわち実際に問題を解いて、解答が合っていて初めて「理解した」となるのです。
※私は地方駅弁卒なので、天才についてこれに当てはまるかどうかはわかりません。

読書というのは、間違いなくインプット側に分類されます。
じゃぁ、読書で得た知見を本当に「理解した」と言えるようになるには、
すなわち読書でアウトプットをするにはどうすればいいかというと、
それが読書感想文になるのかなと思っています。

文書としてアウトプットするために読書すれば、漫然と読書するよりもより深い理解が可能になるかと思います。

おそらく、読書感想文の課題はこの意図もあって、長年、課されて来たのではないでしょうか。
ただ、小学生や中学生に上記の狙いを分かってもらうのは難しいでしょう。
また、教える側の先生も、感想文課題の意図についてはあまり考えていないのではないでしょうか。

なんとか課される課題を有意義なものにするためには、やはり、
個々人の親が、教育について理解を示し、導いてあげることが重要になってくるのだろうなぁ、と思います。

まぁ、私は読書感想文なんて書いたことないけどな

四日市混みすぎ問題

日記
04 /06 2017
会社が始まってから4日が経ちました。
ずっと晴れていたのでチャリで通勤していましたが,
今朝は雨であったためしょうがなく初の車出勤しました。

私の会社は9時始業なのですが,雨プラス初の車通勤により
7時30分に出る始末
8時につきました

…いや,早くつくのはいいんだけどさ。

ただ,通勤距離は4 kmなのに,30分もかかるのはちょっと…。
四日市にお住まいの方はご存知かと思いますが,
国道1号線沿いは非常に込みます。
自転車と競争どころか,ぶっちぎられます

というわけで晴れたらチャリでいこうと思います。

生命保険に入ればよかった…

日記
04 /01 2017
今年は4月1日が土曜日であったことから,ほとんどの企業で入社式は4月3日に行われるようです。
ご他聞にもれず私の入社する会社も4月3日に入社式があります。

今日,何をしているかというと,
買った中古車を岐阜から三重まで車を運転していました。
実に5年ぶりの運転です。


曲がるの怖い,車線変更怖い,高速道路怖い,駐車怖い

通勤は晴れの日は自転車,雨の日は車の予定なので,
幸い入社式は自転車でいけそうです。
ただ,早くなれないといけないです…。

SF5

大学院生時代は化学の力で植物を研究していました。会社では油と戯れる予定です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。