FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローカルネタ

日記
02 /23 2017
現在,リハビリを兼ねて合成実験に従事しております。
久々に1 mgという超小スケールで反応を仕込みました。

さて,今回実験に使用した有機溶媒はジクロロメタン(CH2Cl2)になります。
よく論文なんかでは,DCM(DiChloroMethane)と書かれている,
ハロゲン系の有機溶媒になります。
割かし何でも溶かしてくれるけど非プロトン性溶媒である優れものです。
ただ,人体や環境に悪いということで,使用は躊躇われる傾向にあります。
大学なんかではじゃぶじゃぶ使っていますけど,企業なんかでは使用禁止なとこもあったりとか…(ソース無し)

私の出身ラボでは,このジクロロメタンを「ジクロ」と略しています。
正式名称を考えると「ジ」「クロロ」「メタン」なので,
普通のラボでは「ジクロロ」とか,日本語の塩化メチレンを略した「塩メチ」などが主流のようです。
こんな変な略し方をするのも,うちくらいなものでしょうか?
ボスの影響かと思いきや,ボスも「ジクロロ」または「塩メチ」が主流とおっしゃっていました。

…一体誰が呼びはじめたんだ。
というわけで,各種略語をまとめてみよう
n-ヘキサン →ヘキサン
酢酸エチル →酢エチ
ジクロロメタン →ジクロ
クロロホルム →クロホ
ジエチルエーテル →エーテル
ジメチルスルホキシド →ジムソー(DMSO
ジメチルホルムアミド →ディーエムエフ(DMF)
アセトニトリル →アセニト
メタノール →メタ
エタノール →エタ
テトラヒドロフラン →ティーエイチエフ(THF)
NaBH4 →ボロハイ
LiAlH4 →ラー(LAH)

などなど…。
DMSOの呼び方が研究室によって「ディムソー」だったりするのが個人的には意外だったり…。
ジクロ以外はあんまり珍しい呼び方はないかな…?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

SF5

大学院生時代は化学の力で植物を研究していました。会社では油と戯れる予定です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。