FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トニックウォーターにブラックライトを照射してみよう!

研究関連
03 /28 2017
そろそろ新生活の始まりということで,まずは最寄のBARを探索していこうと考えています。
ところで,BARなので最初に飲むカクテルは何にしていますか?
学生時代のボスは,「ジントニックを飲めば店のレベルが分かる」とおっしゃっていました。

ジントニックは,スピリッツの一種であるジンをベースに,トニックウォーターとライム果汁を加えた定番カクテルになります。
私も学生時代によく自分で作って飲んでいました。
ライムをいれずに,ジンとトニックウォーターを適当に混ぜただけだがな!


さて,このトニックウォーターなんですが,
我々の界隈(天然物有機化学)では,ブラックライトによって光ることが有名です。

酒の席で化学の話
輝けブラックライト
お手軽ジントニック大作戦、およびトニックウォーターのキニーネ問題について

海外のトニックウォーターにはアルカロイドである「キニーネ」が含まれているため,
それが原因でブラックライトにより光るといわれています。
キニーネといえば皆大好きロバート・B・ウッドワードにより全合成されたことでも有名です。

キニーネの物語

ただ,日本においてどうもキニーネを含んだトニックウォーターは扱えないらしく,
キニーネは入っていないらしいです。
そのため,日本で流通しているトニックウォーターはブラックライトで光らない…
かといえばそうでもなく普通に光ったりするらしいです。

原因としてはキニーネの代わりに,キニーネを含む「キナ」と呼ばれる植物の抽出物が入っているためではないか,
といわれているらしいですが,Fever Tree社のトニックウォーターを紹介しているサイトによれば,
国産で消費されている99%のトニックウォーターにはキナ抽出物が入っていないらしいです。

ど,どういうことだってばよ

なんにせよ,トニックウォーターはブラックライトで光ることが分かったので,
修士2年の最後の冬,いろんな種類のトニックウォーターを光らせてみよう!
という非常にアホなことをやっていました。
修論発表準備中に

それでは,今回試験したトニックウォターをご紹介しましょう。




トニックウォーター一覧
左から「ドンキ・ホーテ」,「カナダドライ」,「サントリー」,「シュウェップス」,そして「Feve Tree」!

選択した理由はただ単に近くのお店で買うことが出来たからです。
ただ,Fever Treeだけはある意味ポジティブコントロールとして必要かな,ということで
そこら中を探し回りましたとも,ええ,修論準備中に

ちなみに,それぞれの味のレビュー


・ドンキホーテ
一番味にクセがない。ぶっちゃけまず…

・カナダドライ
ドンキホーテよりややトニックウォーター感あり,今回飲んだ中では一番甘い

・サントリー
キレが一番ある気がする。素で飲むなら一番好みでした。
初めてしったけど,サントリーって「sunTORY」って書くんですね。
「sun」が小文字で「TORY」が大文字?

・シュウェップス
薬品チックな味がする。ただ,Fever Treeと味の違いが明言しづらい…。
二つを比べればなんとなく分かるんですけど。

・Fever Tree
初めて飲みました。クセが強く,「こ,これが本物か…!」ってなりました。


「君は好き嫌いが多くて一緒にご飯を食べてもつまらんなぁ」
「カロリーメイト食べてる人は信じられない」
「君は味がわからないからな」
とボスに散々言われた私のどうでもいいレビューはおいておいて,
結果をちゃっと示しましょう。













光るトニックウォーター


おお!光るものと光らないものがある!



少々見づらいので凡例を示しますと,
左から,ネガティブコントロールとして「水道水」,あとは,
「ドンキホーテ」,「カナダドライ」,「サントリー」,「シュウェップス」,そして「Fever Tree」です。

明らかに「カナダドライ」,「シュウェップス」,「Fever Tree」は光っていますね。
一方で「ドンキホーテ」と「サントリー」は光っていません。
Fever Treeはキナ抽出物が由来なんでしょうけど,「カナダドライ」と「シュウェップス」は何が入っているんでしょう?

…ていうかこれ調べて何の意味があるんですかね?
とりあえず,
「カナダドライとシュウェップスとFever Treeはブラックライトで光るよ!!でもサントリーのは光らないんだ!ふっしぎー!」
って気になる女の子にドヤ顔してください。間違いなく引かれますけど

P.S.
この作業をしている最中,同じ研究グループの准教授に見つかり事情を説明したところ,
「LCMSで分析する?」って言われました。
いや,あなたがいいならいいんだけどさ…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

SF5

大学院生時代は化学の力で植物を研究していました。会社では油と戯れる予定です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。